MENU

薄毛・抜け毛の原因〜ホルモンバランス〜

薄毛・抜け毛の原因の一つにホルモンランスの乱れがあります。特に女性はこのホルモンバランスの乱れによって薄毛を引き起こすことが多くなるので注意が必要です。ここではホルモンバランスと薄毛・抜け毛の関係について紹介していきます。

 

ホルモンバランスが乱れるとなぜ薄毛になるのか?

 

体毛の成長には男性ホルモンが大きく関わっています。男性ホルモンが多いと太くて濃い体毛が育ちやすくなるのですが、強すぎるとAGAと呼ばれる脱毛症を招く危険性もあります。女性も男性ホルモンを少なからず持っているため、女性ホルモンが減少することによって男性ホルモンの力が強くなり、薄毛が進行する可能性があります。そのため、ホルモンバランスを保つということは、薄毛を防ぐことにつながるのです。

 

女性はホルモンバランスが乱れやすい

 

男性と女性を比較すると、ホルモンバランスは女性の方が乱れやすい傾向にあります。その理由として、以下の2つを挙げることができます。

 

@妊娠や出産などによるホルモンバランスの乱れ
女性は男性と異なり、妊娠や出産があり、この間はホルモンのバランスが著しく変化します。妊娠時に体毛の成長が変化した経験がある方も多いと思いますが、これは女性ホルモンの分泌量が変化しているためです。これを契機に薄毛・抜け毛が進行する方も少なからずいるため、注意が必要になります。

 

Aストレスを感じやすい
女性は男性と比較してストレスを感じやすい体質にあります。ストレスを感じると自律神経に乱れが生じ、ホルモンバランスを変化させます。近年はストレスの溜まりやすい社会体制となっていて、ストレスによる薄毛・抜け毛も多くみられるようになりました。

 

ホルモンバランスを保つということは、規則正しい生活を送ることと同じであると言えます。健康的な生活を送ることによって、自然と薄毛・抜け毛の症状も抑えることができるようになります。

このページの先頭へ