MENU

タバコと抜け毛の関係

タバコと抜け毛には深い関わりがあります。様々な健康被害をもたらすタバコが抜け毛にどう関係しているのか、ここでは紹介していきます。

 

喫煙が抜け毛を進行させる理由

 

タバコはさまざまな健康被害をもたらします。髪の毛は健康的な身体が作り上げるものですので、健康に悪影響がでる行為はすべて抜け毛につながるのです。タバコの場合は以下の理由で抜け毛を進行させると言われています。

 

@ニコチンに含まれる血管収縮作用
タバコにはニコチンが含まれています。ニコチンには依存性がある他、血管を収縮させる作用があり、これが慢性的に続くことによって血行不良を引き起こします。こうなると正常な栄養補給が難しくなり、頭皮の栄養不足が懸念されます。髪の毛は頭皮から栄養を受け取ることができなくなり、結果として抜け毛を引き起こしてしまいます。

 

Aストレスを生み出すきっかけになる
喫煙を行うことによって大量のドーパミンが放出されます。ドーパミンは幸福感をもたらす物質で、ニコチンにはドーパミン神経を刺激する作用があります。幸福感を生み出すことは良い効果だと思うかもしれませんが、これが続くと他の方法ではドーパミンを分泌することができなくなり、ストレスを感じるようになります。ストレスは髪の毛の成長の大敵となりますので、結果的に喫煙は抜け毛を引き起こします。

 

タバコはやめるべき。でも、少しずつ実施することが大切

 

タバコを急にやめてしまうと依存性からストレスや禁断症状を感じるようになり、身体に悪い影響を与えてしまいます。まずは少しずつ本数を減らして、長い期間を経てタバコを止めることによって身体的にも負荷が少なく済みます。禁煙するためにも大変な労力が必要になる点がタバコの難しい部分です。

 

タバコは「百害あって一利なし」と言われるように健康にとって何のメリットもありません。髪の毛にとっても同じことが言えますので、極力喫煙は控えるようにしましょう。

このページの先頭へ