MENU

コーヒーの飲みすぎは抜け毛を促進させる?

食後や休憩時にコーヒーを飲む方はたくさんいると思います。しかし、そんなコーヒーも飲み方を間違えると髪の毛に悪影響を与える可能性があります。ここではコーヒーが頭皮に与える影響について紹介していきます。

 

コーヒーは体に良いのか?

 

コーヒーにはたくさんのカフェインが含まれています。カフェインと言うと眠気を防ぐための成分として知られていますが、その他にも脂肪の吸収を防ぐといった効果を期待することができます。また、コーヒーにはポリフェノールふが含まれていて、脳卒中や肝臓の負担軽減などの効果があります。総じて考えると、コーヒーは身体にとても良い飲み物であると言えます。

 

ただし飲みすぎには要注意

 

コーヒーは身体に良い効果をもたらしてくる一方で、飲みすぎることでトラブルが生じる可能性もあります。特に頭皮のトラブルにおいては、以下の要因が考えられます。

 

@亜鉛不足を引き起こす
コーヒーに含まれるタンニンという成分は、亜鉛や鉄と結びやすい性質があり、体内の亜鉛不足を招く危険性があります。亜鉛は髪の毛の成長に必要な成分となりますので、コーヒーの過剰摂取は頭皮環境に悪影響を与える可能性があります。

 

A睡眠不足の誘発
コーヒーに含まれるカフェインは眠気を防ぐ効果があります。これにより睡眠が阻害されて睡眠不足を引き起こす可能性があります。睡眠は成長ホルモンがたくさん分泌されるため、髪の毛の成長には欠かすことができません。

 

どのくらいの摂取が丁度良いのか?

 

カフェイン摂取量の上限は1日に約400mgとなり、コーヒーに換算すると1日4杯程度となります。そのため、1日1杯〜2杯程度であれば人体に悪影響を及ぼすことはありません。カフェインは中毒症状を引き起こす実例もありますので、飲みすぎには注意が必用です。

 

以上の注意点を守れば、コーヒーは健康に良い飲み物であると言えます。好きだからと言って、飲みすぎないように注意しましょう。

このページの先頭へ