MENU

5α-リダクターゼを抑制する方法

AGAの原因は5α-リダクターゼと呼ばれる酵素にあります。この酵素を抑制する方法はいくつかあり、これによってAGAの症状を緩和させることが可能となります。ここでは5α-リダクターゼを抑制する方法をいくつか紹介していきます。

 

5α-リダクターゼは2種類ある

 

5α-リダクターゼには1型と2型が存在し、それぞれ特徴が異なります。ここではまず、1型と2型の性質を簡単に説明します。

 

@1型5α-リダクターゼ
皮脂腺に多く存在する酵素で、脂性タイプの人はこの1型5α-リダクターゼが多く存在していると言われています。また、2型5α-リダクターゼと比較してAGAの発症率は低めであるとされています。

 

A2型5α-リダクターゼ
毛乳頭に多く存在するのがこの2型5α-リダクターゼです。髭や髪の毛が濃い方は、2型5α-リダクターゼが多く存在すると言われています。毛乳頭に分布しているということでDHTが脱毛指令を出しやすい部位に存在しやすく、AGAの発症率は高めとなります。

 

5α-リダクターゼを抑制するには?

 

AGAを抑えるためにはこの5α-リダクターゼを抑制させる必要があります。そのためには、以下のことが効果的であるとされています。

 

@ノコギリヤシエキスを摂取
ノコギリヤシエキスには男性ホルモンを抑制する効果があるとされていて、育毛剤やAGAの治療薬にも使用されています。天然成分を使用しているため副作用のリスクも少なく、安心して利用できるというメリットがあります。

 

A亜鉛を摂取する
髪の毛や筋肉を作り出すために必要な亜鉛は、1型5α-リダクターゼの活動を抑制する効果があるとされています。レバーや牡蠣などにたくさん含まれているため、継続的に摂取してみると良いと思います。

 

AGAの症状は生活習慣の改善だけでは対処しきれない部分がありますが、5α-リダクターゼを抑制することでAGAの進行を止めることは可能となります。

このページの先頭へ