MENU

AGAって何?

男性の薄毛の中で最も大きな割合を占めるものにAGAと呼ばれる症状があります。この症状は一体どのような特徴があり、どのような原因で発生するのでしょうか。また、女性には起こりえない症状なのでしょうか。ここではAGAについて詳しく説明していきます。

 

AGAって何?

 

Androgenetic Alopeciaの略称で、男性型脱毛症のことです。名前の通り成人男性に多い症状となっていて、その特徴は健康な髪の毛が抜け落ちるということです。そのため、いくら頭皮ケアを行っても症状を改善させることはできません。

 

AGAの原因

 

AGAが男性に多いのは、AGAの原因が男性ホルモンであるためです。男性ホルモンのテストステロンが5α-リダクターゼと呼ばれる酵素によって変換されるとジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。このDHTが抜け毛を指令してしまうため、抜け毛が進行することになります。男性ホルモンは誰もが持っているものですので、発症するかしないかは5α-リダクターゼの分泌量次第となります。この量は遺伝による影響が強く、AGAは遺伝によって発症するかしないかが大きい症状となります。

 

女性はAGAにならないのか?

 

AGAは男性特有の症状であると思われがちですが、女性でも発症する可能性があります。これは女性にも少なからず男性ホルモンがあるためです。AGAは自身の力では解決することが難しく、専門の機関で早期治療を行うことが大切になります。
また、女性はAGA以外にも生活習慣などが原因となる薄毛の症状が多くみられます。そのためAGAだけでなく、他の脱毛症に対しても注意する必要があります。

 

AGA発症の有無は遺伝による影響が強いため、両親を状態を見ることである程度の予測をすることができます。AGAは自身の生活習慣で改善できるものではないので、とにかく早期発見が大切です。早急な治療を行うことができれば、症状の進行を止めることができるためです。

このページの先頭へ