MENU

産後の抜け毛とその改善策

女性特有の抜け毛の一つに産後の抜け毛があります。これはどのような原因で発生し、どのような対策を行うことができるのでしょうか。ここでは産後の抜け毛に関して紹介していきます。

 

産後に抜け毛が増える原因とは?

 

産後の脱毛は分娩後脱毛症と呼ばれる症状です。これは女性ホルモンのバランスが乱れることによって生じる脱毛となります。女性は妊娠すると女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌量が上昇します。このプロゲステロンは胎児の育成に必要不可欠な要素がある他、体毛の成長を促進させる作用があります。そのため、妊娠中は一時的に体毛の成長が活発になります。出産を行うなとプロゲステロンの分泌量は減少し、次第にもとの値に戻ります。こうなると体毛の成長ももとに戻るため、一時的に抜け毛の量が多くなることがあります。これが分娩後脱毛症と呼ばれるものです。

 

分娩後脱毛症の予防法

 

妊娠、出産による脱毛症は一時的な症状となりますが、やはり抜け毛は誰もが心配するものだと思います。ここでは分娩後脱毛症を予防するための方法をいくつか紹介します。

 

@とにかく気にしないこと
気分の問題も脱毛を予防するために必要なことです。分娩後脱毛症で悩みすぎるとストレスによる脱毛症を併発させ、改善させることが難しくなるケースがあります。そのため、気持ちを強く持って抜け毛に臨むことも時には必要です。

 

A食生活を気にしてみる
抜け毛を要望する上で必要とされる栄養素の中に、カルシウム、タンパク質、ビタミンB群、ミネラルがあります。健康的な食生活を送ることは絶対条件として、これらの栄養素を積極的に摂取することで抜け毛を予防することができるかもしれません。

 

分娩後脱毛症はホルモンバランスの正常化によって自然と改善される症状です。一時的に脱毛量が多くなっても、次第に良くなりますので心配は無用です。どうしても気になる方は食生活やストレスなどを気を付けるようにしましょう。

このページの先頭へ